スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春でした。


3月29日(日)  晴れ~

前日の寒さを残しながらも、やや春らしい兆しが感じられる日となりました。
リプリーと、1週間ぶりの散歩へ~

駐車場のコンクリートのすき間を割って、つくしが生えて来ていました。

いひ。

つくしや、よもぎ、緑の草やらが、ずら~っと並んで、緑のラインができています。

野の草は、たくましい~

信用金庫の前は、春の園芸種の花々で、にぎわっていました~♪

ニコ

この一週間は、3月下旬とは思えない冬のような寒さで、春はストップ!
という感じでしたが、散歩をしてみると、そこここに、春の彩りがありました~

犀川大橋より~犀川
犀川

久しぶりの散歩は、やはりたのしいね~
一週間ぶりだと、気持ちよさも、3割増し~♪

横顔

この一週間、散歩0分だったリプリーも、飼い主同様、気持ちよさ~3割増しで、
犀川の風を、めいっぱい感じたことでしょう~

後ろすがた

三角形の力強い後ろ姿です…

今日の散歩は、そろそろあの白木蓮の花が、見頃なはずなので
白木蓮を、見に行くことにしていました~

カメラ目線

犀川大通りを上り、小路を入ると、ちょっとこだわったお店や楽しい建物、
古い家々などがたくさんあって、散歩が楽しい場所です♪

スタスタ歩いて~

歩く~

用水を覆う白木蓮の前にきました。

おすまし

白木蓮は、思っていたほど開花していなくて、まだつぼみが多かったのは
このところの冬のような寒さのせいなのかもしてません~

用水の上の白木蓮

やはり、この木蓮が、一番いい~ 
垂れ下がり具合が、非常にいい雰囲気です~

白木蓮を見た後は、犀川の桜の様子を見てこよう~♪

真顔

里見町は、落ち着いた静かな町です。

もさもさ

それにしても、リプリーの毛が伸び放題~顔デカもさ子になってきました。~

新竪町を抜けて、犀川・桜橋緑地へ~♪

歩く!

犀川の芝生全体が、うっすら緑色がかってきました~

嗅ぐ

枯れた芝生の下から、緑の芝生が、ドンドン勢力を伸ばしてきているので
これからは、日に日に、緑色が濃くなっていくことでしょう~

走る

この桜並木の桜が咲き出せば、ピンク色が、急激に勢力を伸ばしてきて
イッキに、春らんまんな景色になるでしょう~

ぶるつく

全く咲いていないように見えるソメイヨシノは、近くで見てみると
つぼみがだいぶ膨らみ始めて、“開花カウントダウン”に突入していました~

桜・咲きはじめ

咲き出している花も、チラホラ出てきています~

犀川で、久しぶりに走り回ってきました~

楽しげ

楽しそうです~

楽しげ!

リプリーが、かなり楽しそうだったので、いつもより多めに走ってあげました。

おいで~

ぴゅ~っと走ってくるのを見るのが、これまた楽しい~

おもちゃと

犀川の風は、まだまだ冷たくて、手がかじかむほどでしたが
リプリーの楽しそうな様子につられて、犀川に、長居してしまいました~

桜が咲き始めたら、またここで、写真を撮らねば

桜の下で

このつぼみが全部咲いたら、見上げる空は、ピンク色です~

桜の空

もうしっかり咲いている桜もありました

さくら~

たくさんのつぼみをみていると、頭の中では、すでにピンクの桜が咲いております。
桜の開花が、かなり楽しみに~ かなり待ち遠しくなってきます~

桜

桜が咲いている時は、雨などを降らせずに、
毎日が、散歩日和の日々であってほしい・・・と思います。

のんびりふらふら~気づくと、またも長~い散歩をしていました。

犀川大橋

秋から始まっていた、犀川大橋の色の塗り替えが終わり、
カンバンも金色の縁どりで、しっかりとお化粧直しされた犀川大橋が、
青空の下で、ピカピカにみえました~

やっぱ、春やね~♪


スポンサーサイト

たまには “おうち” で


3月27日(金)  雨が降ったり、上がったりの日。

桜のつぼみも、ピンクになってきているというのに、この2,3日は、ドンと冷え込み、
寒さがもどって来ました。

雨がちな日々に、リプリーは、ヒマをもてあましています。

休息

今週は、いまだに散歩0分デス・・・。

目を閉じて

常に、飼い主のひざの上で、寝ていようとするリプリーの重さ(5kg)に、
重い~痛い~ と、飼い主の体が悲鳴を上げた時は、
飼い主の横においてある“リプリーのおうち”に、強制的に入れて、寝かせています。

目を開ける

おうちの中でのリプリーは、目を開けたり、目を閉じたり~
飼い主の動きに、常にアンテナを張りながら、うつらうつらしています。

たまには、自分のおうちで、寝てください…

zzz

寝たんかな~と思うのもつかの間、しばらくすると、 
リプリーは、おうちのなかから、もそもそもそっと出てきて

再び、飼い主のひざの上にのぼり、100%の体重を飼い主に預けて
太平楽な顔で、すやすやと寝始めます・・・

リプリーに、
『重くて体が痛いし、しまいに、体が歪みそうなんですけど・・・。』

リプリー

と、言いたいのですが、それを伝える術がありません。

来週は、春の暖かさがもどってきて、楽しく散歩に行けるような
春らしい天気続きであることを期待します~


飛騨へ


3月21日(土)  快晴~

3連休のうち、唯一のお休みだった土曜日~飛騨高山へ行ってきました~

飛騨高山へは、もう何度も行っていますが、何度行っても、楽しめる町です。

高山市・宮川

高山では、マッキントッシュ・ティールームのテラスで、
雪の北アルプスの山々を見ながら、のんびりとお茶する~
というのが、目的の一つでありました

マッキントッシュ・ティールームより

晴天に恵まれたおかげで、またこの美しい景色を見れて、大満足~

正面の三角の山は、笠ヶ岳で、その横にちょこっと頭を出しているのが、槍ヶ岳
といっても、この写真では、槍ヶ岳を見つけるのは、ちょっとキビシイですが・・・。

マッキントッシュ・ティールーム

リプリーと共に、青空と北アルプスの景色を楽しんできました。
ここは、ホントにいい場所です~

飛騨高山美術館

山の景色には、何の興味もないリプリーも、テラスからつながる庭で、
においをかいだり走ったり~楽しげに遊んでいたので、きっと満足したでしょう。

飛騨高山は、そぞろ歩きが楽しい町で、今回も、試食や食べ歩きをしながら
ふら~っと散歩してきました~

名物のつけもの屋の前で。

つけもの屋の前

刺し子を扱うお店のカラフルな糸の棚の前で。

刺し子の糸屋前

きれいな糸が入った棚が、店先にあることに驚きです。

入り口の戸に、消えそうな文字で、“鍛冶屋”と書いてありました。

鍛冶屋前

真っ暗にしか写っていませんが、中は、年季が入った、“鍛冶屋”の作業場でした。

さすが、鍛冶屋~ 象の形の飾りが、ニクイ!  めちゃかわいい象でした~


明治時代に建てられた立派な町屋~吉島家住宅の中。

古い家の中

高い窓から入る日の光が、建物をよりいっそう美しく見せていて
そのすばらしい建築技術に、感心&感激デス~

白壁の家

観光スポットである“古い町並み”は、大盛況で、
リプリーを歩かせることが、キケン なほどの混みようでした。

結局、古い町並みでは、写真を撮れずじまいで、ザンネン・・・
まっ、また今度にしよう~♪

帰り道、飛騨古川にも、ちょっと寄ってみました。

飛騨古川

高山についで、ここ古川でも、食べ歩きで、名物のコロッケをば・・・。

結局、一日中何かを食べてしまっていましたが、
高山も古川も、町全体が、食べ歩きを誘っていて、気軽に食べれるもんを名物と謳い
町のそこらじゅうで売っているので、まんまと、その作戦にハマってしまいます~

名物のコロッケ

注文してから揚げてくれる飛騨牛コロッケは、超サクサクで、おいしかったデス~

飛騨古川で

蓬莱というお酒の蔵元の店先で

蔵元の前

昔からの建物が、今も、ごく普通に、日常生活の中にあって、

蓬莱

古川も、とても美しい街並みです

瀬戸川と白壁の景色

町の中を流れる、瀬戸川が、なんともいい風情で、魅力的~
水のほとりをのんびり歩ける古川も、かなり好きです~

古川で、リプリーは、そろそろ疲れだしたか、伏せこむことが多くなりました。

牛乳販売店前

飛騨らしいカンバンのところだったので、写真を一枚~

リプリーは、橋から、顔を出して、遠くを見たり~
のぞく

古川は、人も少なくていい感じ~リプリーも、安全に歩くことができました♪

お花やさんの前で、においをかぎ~
花屋の前で

川をのぞき~
川をのぞく

そして、また、ひとやすみ~
休憩
リプリーも、気ままに楽しんでおりました。

リプリーは、飼い主の呼びかけに反応して、飼い主を見上げますが
見上げる

もうそろそろ帰る頃なんじゃない??と思っているような気がしました。

朝のはよから起きて、リプリーも、飼い主と共に活動しているので、
いいかげん、疲れて来ていることでしょう~

夕方~

古川を4時半に出発して、帰途へ~

帰り道、リプリーは、飼い主のひざの上に乗せた、ドーナツベッドの中で
キモチよさそうに、爆睡していました~ 

リプリーも、おつかれさん~♪



散歩が楽しいので


3月19日(木) 木曜日、また晴れました~♪ 

おとといから、ぐんと気温が上がっていて、この調子では
桜の開花も、予想より早まるのではと思える陽気です~

鞍月用水を覆うように咲く、白木蓮は、そろそろ咲き始めているかな・・・。
と、見にいってみると、

もくれん。

2月末には、まだ硬く緑がかっていたたくさんのつぼみは、白く膨んできていて、

もくれん

樹の上のほうには、咲き始めていた花もありました~

もくれんの前で

来週の木曜日には、満開になっているかも・・・。

あくび

白木蓮が満開の時に、この白木蓮バックに、リプリーの写真を撮り
用水の上で、満開になった木蓮のお花見をしたいと思います~

もくれんの前で~

そのときは、リプリーが、まぶしがらない明るい曇りの天気だといいなぁ・・・。

昨日は、ホントに暖かかった~♪

顔だす。

休日だからといって、ふらふらと散歩しすぎると、疲れがドンと来るので、
今日は、早めに切り上げよう~と思っていたものの、
やはり昨日も、春の陽気につられて、てくてくふらふら・・・

21世紀美術館の芝生で

リプリーの 『嗅ぐ、走る、休憩する』 という散歩のお楽しみを、極力取り入れ、

楽しげ

それに飼い主の、そぞろ歩きの楽しみをプラスしていくと、
時間は、あっという間に経ってしまうのであります~

楽しそう~

昨日も、芝生の上を、いつものように一緒に走ってあげたら、
リプリーは、うれしそうでした~

ニコ

リプリーの口が開いてて、よりいっそう、うれしそうに見えますが~
昨日は、気温も高く、陽ざしもきつかったので、暑さを感じていたのでしょう。

ニコニコ

リプリーの耳毛が減ることで、春のはじまりを感じていましたが、
春になると、散歩をすると、リプリーの口が開くことが多く、
なんだか楽しそうな顔になる~ことでも、つくづく春を感じます~

楽しい!

兼六園周辺の桜のつぼみは、どうなっているのかな?
と、兼六園の方へ~

用水前

ソメイヨシノではない桜で、つぼみが、ピンクになっている木がありました。

ピンクのつぼみ

兼六園を取り囲む桜並木も、まだまだ、茶色の木々ながら、
かすかにピンクがかっている様に見えました。
桜の季節は、もうすぐです~

白鳥路入り口あたりの池に、錦鯉が、悠々と泳いでいました。

錦鯉

リプリーは、水の中で動くデカいものは、いったいなんなんだ?
と、かぶりつくようにして、見ていました~

一匹が、ニ匹になり~

錦鯉二匹

ドンドン鯉たちが、集結してきて~

かぶりつき

集結した鯉たちは、リプリーの前で、バシャバシャバシャバシャ~

錦鯉4匹

リプリーは、いったい何ごとか??と、ますます池の中の生物に
興味を持ったようで、錦鯉を、かぶりつくように見ていました~

かぶりつき!

集結した鯉たちは、池の隅で、鯉ダンゴになっていました~

鯉だんご

鯉たちも、犬みたいに、じゃれあって遊ぶんかな~

広い池の中で、団子状になっている鯉たちの行動も、不思議だけど、
鯉たちを、ひたすら見続けて、時々、重なり合う鯉たちの様子に驚いて、
思わず後ずさりしているリプリーも、なんだか不思議で、おもしろかった~

歩く

散歩をしていると、楽しい♪おもしろい♪~と思えることがたくさんあります~

おかげで、また、散歩しすぎてしまいました・・・。




散歩でのこと、いろいろ


3月16日(月)  久しぶりに、清泉公園に来てみました。

ゲートボールをしていた人たちが、ゲームを終えて、一人、二人と帰って行き
公園には、誰もいなくなったので、リプリーと、GO~

走る~

芝生でもアスファルトでもない、地面の感触はどうですか?

清泉公園

リプリーと、ロンリードでつながって、わっほー と走ってみましたが
この地面を走っていると、子供の頃、運動場でころんだことなどを思い出し
これは、転びそうな地面で、転ぶと痛い地面だ~ という思いがちらいて、
どうしても、キモチと足に、ブレーキがかかってしまいます。

清泉公園。

走るのは、断然、芝生の上がいい~  硬い地面は、イヤだ・・・。

という理由で、飼い主が、あっという間に走る気をなくしたので、
リプリーと走り回って遊ぶのは、早々におしまいとなりました。

リプリーは、特別、不満そうな様子もなく、それなら~とばかりに、
“においをかぐ” という自分の世界に入っていきました~

スタスタ

青々と草が茂る一角は、さぞや、楽しいにおいでいっぱいなのでしょう~

緑の草

思う存分、においをかがせてあげました~

おかしな口

堪能したようです~

今年も、リプリーの耳毛が、スカスカになってきました。

見つめ合う

毎年、冬から春になるころ、リプリーの耳の飾り毛は、ドンドン抜けていき
桜が咲く頃には、風になびいている長い耳毛は、ほとんどなくなって、
デカい三角の耳の犬となります。

スカスカな耳毛

そして今、下から生えてきている短い耳毛が、これからまた一年かけて、長くなり
来年の春になったら抜けていく~という一年周期のサイクルです~

見つめあう。

リプリーの耳毛の様子で、春の到来を感じる飼い主であります~

帰り道、遠回りをして帰ろうとしたら、リプリーに拒まれました。

拒む

テコでも動かんよ!とばかりに、伏せこみ
そっちの方向には行きたくない! ことを、強く主張しています。

動きません

強情な顔までして、断固拒んで…全くもう~

こういう時、疲れて歩けないのではないので、違う方向に進むと、
何事もなかったように、再び、スタコラサッサと歩き出します。

座り込み

それにしても、この拒み方・・・

絶対にそっちには行きませんから!! との固い決意が、
おしりにまで、みなぎっているように見えます・・・

このあと、抱っこをして、方向転換した後に、下に下ろしたら、
リプリーは、何事もなかったように、スタスタと歩き出しました。

リプリーが断固拒むのは、いったいどんな理由があるのかってことを、
聞いてみたいと、つくづく思います~



犀川


3月12日(木)   休日の木曜~またも快晴

朝方は、雪がちらついたほどでしたが、日中は、
陽ざしがまぶしいほどの晴天となりました。

スカッと晴れ渡った青空がキモチいい、散歩日和です。  散歩へGO~

アップ

新橋をわたっていると、遊歩道に、黄色い花がたくさん咲いているのが見えました。

黄色の花

春になると、そこらじゅうで咲いているこの花~
確か、キン・・・何とかっていう花だったと思うけど、この花の名前が、でてきません。

せっかくのお花なので、顔を上げてもらって、お花との2ショットを一枚。 
リプリーは、まぶしそうな顔をしていました  

きおつけ

陽ざしもまぶしいけど、黄色の花たちも、まぶしいほどのパワーを発しています。

菜の花

犀川の遊歩道に、菜の花が咲いている一角がありました。
菜の花の黄色と黄緑の組み合わせは、春色そのもの!
見ているだけで、グンとテンションが上がります。

今日の散歩は、犀川べりを上っていくことに、決定~

犀川

犀川は、水も青く、たくさん流れていて、ちょっと冷たい風もキモチいい~

川沿いを歩く

リプリーも、犀川のにおいを堪能しつつ、散歩を楽しんでいました~

川沿い

思えば、リプリーが、5~6ヶ月の頃から、ここを歩いてたなぁ~と
思い出して、ちょっとしみじみ~

たれ目

まだまだ、つぼみというには早い桜ですが、
こうして、桜の花越しに、犀川の景色を見れるのも、もうすぐ~。

桜越し

リプリーとの散歩で、のんびりと桜を見るのが、
一番ナチュラルな桜の楽しみ方です~

犀川で

リプリーは、桜の花が咲こうが、咲くまいがなんてことは、関係なしですが
リプリーはリプリーで、ほかのお楽しみを持っているので

嗅ぐ

コンクリートの遊歩道のについている においや,

枯れた芝生の中で、勢力を広げようとしている青草についている
においを、念入りにかいで~

緑

飼い主、飼い犬共に、それぞれの時間を楽しんできました~

このイナズママークのような形の遊歩道を上がると、
金沢を離れても、犀川を愛し続けた作家、室生犀星の記念碑があります。

桜橋緑地

ここの桜並木も、とてもきれいで、すごく見ごたえがあります~

リプリーは、またも、緑の草の株を見つけて、においをかぎまくっていました。

嗅ぐ。

緑の草の株は、通りすがる犬たちが、みんなで匂いをつけて
さらにかぐわしいにおいを発し、ステキな草の株と化しているのでしょうか?

この垂れ下がる桜の枝は、花が咲くと、

桜越し。

ピンクの“のれん”みたくなるんだろうな~などと想像しながら
春の初めの犀川の景色を楽しんできました~

もさもさ

室生犀星の碑の前で。

室生犀星碑

小学校の校下に、室生犀星の生家や、養子となって育ったお寺があり、
そのうえ、校歌は、室生犀星が作詞していてるので、
子供の頃から、室生犀星は、とても身近な気がしています。

見上げるリプ

犀川は、美しい  たっぷりと春の犀川を楽しんできました。

リプリー、もう少し散歩するよね???

立派な梅

立派な松に、立派な梅~です。

時間もたっぷりあるし、天気もいいし、リプリーも歩く気満々だし~
ということで、足を延ばして、おふくをまわり、好物のいちごふくさを買って、
帰ってきました。

ついでに買ってみた、くるみ入りの蒸しきんつば 『鬼に金棒』 も
絶妙なおいしさのつぶあんに、クルミがこれまた絶妙で
めちゃくちゃおいしかった~

豆大福がない、秋までの期間は、鬼に金棒が、
あんこ好きの口を、大いに楽しませてくれそうです~


春のはじまり


3月10日(火) くもり、時々小雨の日

3月に入って、かなり暖かかったり、ぐんと寒かったり、
激しく気温が変化してますが、春は、確実にやってきていて、
家の近所のミモザが、イイ感じに咲き始めています

ミモザ

8日(日)は、犀川へ ~

風で、リプリーの顔の毛と耳が、オールバックにされていました。 

強風

犀川を前にしながら、写真を撮って、とどまっている飼い主の行動に、
何か不満でもあるのか~

訴えモード

偶然の一瞬の顔は、おもしろい~♪
リプリーが、何かを訴えているように見えます。


日曜日のお昼前~犀川の芝生は、貸しきり状態でした~

犀川の芝生

人っ子一人 見あたらず、のどかなもんです・・・

しみじみ

座って、芝生をまじまじ見てみると、枯れ色の芝生の下で、
緑の芝生が、少しずつ生えてきていました~

金沢の桜の開花は、4月1日だそうですが、犀川沿いの桜の
つぼみらしきものが、ちょっとづつ大きくなってきました~

桜のつぼみ

あと20日もしたら、桜が咲く~

イマイチ、まだピンと来ませんが、きっと20日後には、
犀川沿いの並木は、茶色から、ピンク色に変わっているのでしょう~

こんもりとした樹形の椿の木が、とてもかわいかったので、
その木の前で一枚~

椿の木の前で

かわいくこんもりした椿の木も、近すぎて撮りきれず、
ねばってはみたものの、リプリーにも、そっぽを向かれて、残念・・・

椿が、木の中のほうで、薄いピンクと濃いピンクの絞りの花が、
向かい合って咲いていました。

椿

奥まったところで、ご対面している椿、カワイイです~

カワイイ椿の前で、越前水仙も、かわいく咲いていました。

越前水仙と

まだまだ風が冷たい日もあり、冬っぽさを残す花々も咲いているのに、
あと20日後には、春らんまんで、桜が咲いてるのか・・・と思うと、
ちょっと不思議な気がします~

不思議といえば、この山桜みたいな花が咲いている木・・・

桜もどき?

このかわいい桜みたいな花は、去年の12月から、咲きつづけてています。

咲く花の量に違いはあったものの、寒い冬でも、花は、咲いていました。

12月に見た時は、もう咲いていたということは、その前から咲いてるってわけで・・・。

いったい、いつから咲いているんかな~

そして、いつまで咲き続けるんだろうか~

そもそも、この木は、何という名前の木なのか~  謎だらけです。

見上げるリプ

リプリーと過ごす 6回目の春が、はじまります~



ゆったり過ごした日


3月5日(木)  春っぽく暖かい日。   空は、雲ひとつない青空の午前中です~

木曜日の休日、行き先は、UNICへ~

気持ちいい天気なので、リプリーの散歩のために、
金沢駅までは、歩いて行くことにしました。

散歩

途中、リプリーは、犀川の芝生に下りようと、ちょっと我を通していましたが、
そんなことをしていたら、いつになったら、UNICにたどり着くのか~
おまけに、さんざん走って満足し、その後は、家に帰ろうとするに決まっています。

散歩

というわけで、リプリーの希望を、却下し、金沢駅に向かって、GO~

駅前で、ダブルリプリーが、出現しました~

ダブルリプリー

ここは、鏡面が大きく、かなり優秀なダブルリプリースポットと言えます~

曲面効果か、かなり広範囲の景色が写っています。

写る景色

鏡面が、表も裏も曲面になっているので、写真を撮っている自分が写らない~ 

ってのも、ポイント高し~  鏡の中の景色も、鮮明です。

と、いつものように、道草を入れながら、リプリーは、街のにおいを堪能しながら

におい

金沢駅まで散歩を楽しみ~

地下道で

地下道に入って、電車に乗れば、UNICに到着~

ラヴちゃんがやってきました~

ラヴちゃん

Oh! kawaii  ラヴちゃんは、絶対的に、『守ってあげたいタイプ』 です。

ラヴちゃん。

リプリーに追い詰められたせいなんかな?? 
壁と置物の間に、ちんまりおさまっていました。 超いたいけでキュートなお顔で~


お庭に置いてある “ハボタン ” の鉢植えが、とてもゴージャスです~
ゴージャスなハボタンと

お庭で排泄を済ませた二代目は、しばらく遊んでいようと言う気などは、さらさらなく、

即、お店にもどります~と、扉の前で、直立して、アピールし~

お庭で二代目

お庭から出してあげると、今度は、ドアの前に直行し、

直立して、アピールを続けていました  二代目が、人に見えてきてます~

直立

というわけで、二代目との2ショットは、またも、ドア前です~
最近は、いつもここやね。

扉前で

ということで、お庭タイムは、あっという間に終了~。  

外では、直立がちの二代目でしたが、お店に入ると、直立することはありません。

二代目~キミは、めちゃめちゃかわいいぞ

二代目。

前の日の水曜は、次から次へといらっしゃるお客さんで、
大にぎわいでてんてこ舞いの、UNICだったそうですが
木曜日は、ゆったり静かで、のほほ~んな雰囲気でありました~

ひざの上

飼い主が、ウルトラおいしいホットサンドとケーキにコーヒ~と
おしゃべりを楽しんでいる間、リプリーは、隣のお客さんたちのところに遠征して、
大いにかわいがってもらいながら、
長時間、飼い主のひざの上で、のんびりと、楽しげに過ごしていました~

ひざの上で

ボルゾイのルナちゃんがやってきました~♪

ルナちゃん

リプリーは、お庭で、近づいてきたルナちゃんの大きさにすくみあがり、
それ以来、優しくて超フレンドリーなルナちゃんを、ことのほか、怖がっています。

ルナちゃんに会うたびに、リプリーのワンワン声が、増えていきます・・・
ルナちゃんは、何もしないのにね・・・困ったもんです。

UNICで、ゆったり楽しんだ休日でした~  

おすわり

二代目、ありがと~またね~

夕方になって、風が冷たくなっていたので、
金沢駅からの帰りは、徒歩をやめて、バスにしよう~

バスの中では、スリングから、顔だけを出してあげました。

リプリーは、目を開けたり~
目を開けたり

目を閉じたり~  うつらうつら・・・

目を閉じたり

電車やバスの揺れ具合が、眠気を誘うのか?? 一日遊んで疲れたのか?? 

リプリーは、寝ていました~

バスの中でzzz

リプリーの体温が、私の眠気を誘います~


夕方の広場で


3月1日(日)  晴れ

夕方、芝生の広場に来ました。

空とリプリー

夕方ゆえの、お疲れのせいか? はたまた、吹く風の冷たさのせいか~

向かい風で細目

リプリーの疾走Timeは、あっという間に終わり、

もってくる

それ以降は、トコトコ走りで、飼い主が、投げたフリスビーを持ってきていました~

持ってくる

ここに来ると、空の大きさを感じます。

この開放感は、まるで北海道みたいだ~
と、ひそかに思う飼い主であります。  リプリーと富良野を散歩してみたい・・・。

うつむく


夕日を受けるリプリー  

遠くを見る

神妙な顔をしたリプリーは、一日の終わりに、何を思ってるのでしょうか~
 

夕方の芝生の広場は、この前に来た時の午前中とは、違う色をしていました。

夕方の広場で


この日持って行ったおもちゃで、フリスビーは、人気ナシでしたが、
“とら”のおもちゃは、引っ張りだこで、ほのかちゃんも、気に入ったようです~

トラのおもちゃと

そして、茶豆も~  かなり気に入ったようで、
気に入る

ガッツリくわえて、テコでも離さんぞ!と、無言でがんばっていました~

すごく気に入る

このトラは、リプリーのお気に入りで、この前、スタドのおねいさんが、
「このトラは、もうメーカーで廃盤になった~。」と言っていたことを話すと、
茶ままが、こりゃたいへん!と、茶豆の口に,ジャストでハマっている 
“とら” を取り出そうと奮闘してくれました~

ものすごく気に入る

こうして、茶豆は、とらを放す羽目に~
茶豆のお楽しみを奪ってしまって、ごめんよ~

断固、おもちゃを離すまいとしてた茶豆が、めちゃめちゃかわいい~

日曜日の夕方、茶豆とほのかちゃんと、芝生の公園で遊んできました。

あいさつ中

3月1日は、ほのかちゃんのお誕生日で、ほのかちゃんが、1歳になりました。

おめでとう~ほのかちゃん~

ほのかちゃん1歳

もう、子犬ちっくさはなくなり、レディな美しいわんこです~

その後、おちゃまは、UNICで、すやすやモードに~

茶豆zzz

茶豆の美しくカットされた右手が、ふかふかのパンのようです~


帰り際、リプリーは、UNICにある 『犬にかぶせて楽しむ用の毛糸のぼうし』 

を飼い主にかぶせられ、カチンコチンに固まっていました~

凹むリプリー

3月1日、ほのかちゃんの誕生日~  

ワイワイと、とっても楽しい一日でした~

| リプリー犬♪ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。