スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜は駆け足


11月29日(木)  曇り⇒晴れの、風が冷たい日。

空を見ると、流氷のように切れ切れになった雲で、埋め尽くされていました。
青×白は、すがすがしく美しい組み合わせです~

11月も、今日で終わり。 ついに、冬が始まります。
流氷チックな雲

今年は、どんな冬になるのだろうか・・・  
寒いのは、つらいので、ぜひとも、去年のような、暖冬で雪なしがいい~
散歩し放題の、明るい冬にしてもらいたいもんです。

木曜は、休日で、天気がよかったので、のんびりと、午後からUNICへ~
二代目~

おお!二代目~一ヶ月ぶりです。 いつもと変わらない歓迎をありがとう~

UNICに着いたのが、3時と遅かったためか、今日のケーキは、売り切れてました。
ケーキを引き寄せられず、残念・・・。
ケーキなしか・・・。

今日のケーキは、バナナのキャラメルナッツ・ロールケーキだったらしい。
ああ・・・おいしそう UNICのケーキは、ドレもこれも、“めちゃうま”で、はずれなし。
このケーキも、相当おいしかったに違いありません。
  
久しぶりに食べた、アツアツ&サクサクのスコーンは、ケーキのような華やかさこそありませんが、
味・香り・食感とも、すべてにおいて絶品のおいしさでした。 (写真なし。)

ケーキは、次回のお楽しみということで~UNICを 後に。
4時半頃

16時半で、動くリプリーを捕らえるには、光が足りず、写真がピンボケ気味です。

日は、恐るべき速さで、暮れていき、15分後の16時45分
日没

内灘駅では、夕闇が,迫ってきていました。

そして、電車を降りた17時10分。  金沢駅は、すっかり日も暮れ、夜のムードです。
45分前は、まだ明るかったのに・・・冬の夜は、駆け足です~

夜のムードの金沢駅前の、フォーラス前で。 
クリスマスツリーらしきオブジェが、青く光っていました。 
ツリーを見る犬。

リプリーも、青いオブジェを見ているような気がしましたが、実際は、ナニを見ていたのだろう・・・。

リプリーは、犬なので、「わ~青のクリスマスツリーだ♪」 などと、思うわけでもなく、
ただ偶然、そん時に、そっちのほうを見てただけなのか・・・
あるいは、何かを感じていたのかも~ 
と、とことん飼い犬に、未知なる力の可能性を感じていたい飼い主なのであります。

11月29日午後、リプリーは、初めてエレベーターの中に立ちました。
エレベーターの中

大きな箱の中に入って、下がって行く間、キョトキョトした顔をしていたので、
きっとリプリーは、いつもと違う“何か”を感じていたのでしょう。 たぶん・・・

スポンサーサイト

飛騨・高山レポート~町並み編


11月25日(日)  日本上空が高気圧に覆われて、全国的に晴天だった日曜日~
日帰りで、飛騨高山へ行ってきました~

高山といえば、さるぼぼの里。  こんなナイスな撮影スポットがありました♪
さるぼぼ

いっしょに行った友達に、リプリーを、かかえて顔を出させてもらうよう頼み込み、
めでたく、さるぼぼから、顔を出したリプリーの写真を撮ることができました~

さるぼぼから、犬の顔を出して、写真を撮っている人は、ほかに見かけませんでしたが、
観光地に来ると、こういうことも恥ずかしげもなく出来てしまうのが、不思議です。
観光地の、こういうダサくささも、結構好きです~

高山のもみじは、今が見ごろとばかりに、美しく紅葉していました。
朝市通りで

この写真では、高山なんだか、どこなんだかよくわかりませんが、
飛騨高山・朝市通り~宮川沿いのもみじをバックに、パチリ~  
とてもきれいな紅葉でした~
宮川沿いの紅葉

さすが山の中、金沢よりも、紅葉が早いようです。
朝9時過ぎの高山は、ものすごく寒かった・・・。   もみじも色づくってモンです~

朝市通りを抜け、上三之町・古い町並みの通りへ~
上三之町で

古い町並みが保存されていて、とても美しい通りです。
いろんなお店が、軒を連ね、古い町並みを生かした通りとして、ひとつの統一感を持ちながら、
それぞれの店先が、個性をだしていました

このお店の前には、椅子が並べられていました。
使い込まれた椅子の間で

なかなかいい味の椅子でした。

このお店の前にも、“使い込まれた感”のある、椅子が~。
椅子と

これは、ディスプレイではなく、外で、待つ人用の椅子なんかな?  
通りに面して座ってるのは、ちと落ち着かないような気がしますが・・・。

古い町並みの通りの両脇には、小さな用水が流れていて、流れる水も美しい~いい風情です。
用水

うさぎをモチーフにした生活雑貨のお店の前には、おもしろ顔の陶製のうさぎがいました~
リプリーとうさぎの2ショット、これは、はずせんだろうと、リプリーをすわらせてパチリ~
陶製のうさぎと②

愛嬌のあるうさぎです。
陶製のうさぎと

うさぎとリプリー、同じような背格好で、なかなかいいコンビに見えます。

非日常な人力車も、なにげに止まっていて、街に溶け込んでいます。
人力車と

飛騨刺し子のお店の前で。 
刺し子のお店の前で

どのお店も、お店の前が、とてもきれいに行き届いているので、そぞろ歩きが、とても楽しい街です。

ちょこちょこと買い物をし、みたらしだんご、牛串、玉天なんかを、食べ歩きし、
さらに歩いていると、試食の駄菓子や、お酒の試飲をくれるので、こういうのも、また楽しい!

こんなキュートな看板の 『おもちゃや』 があったり~
かわいい看板

高山には、何度も来ていますが、何度来ても楽しめる街です。
そして、このサルは、絶対にかわいい!!

高山も、いい町だなぁ~。  高山の自然編へつづく。

飛騨・高山レポート~自然編


11月25日(日)   続いて、高山レポート・自然編~

高山の街中を流れる宮川は、とても水が美しい川です~。 
観光スポットとして有名な、『朝市』 は、この宮川沿いの通りでやっております。

川へ降りてみました。  
川への階段も、歴史を感じるしっかりとした石のつくりで、とてもいい感じ~
川の階段で

川の水が、とてもきれいで、透き通っています。
川には、大きな鯉なども泳いでいて、たくさんの魚が、気持ちよさそうに泳いでいました。
宮川に立つ

川沿いには、コンクリートと木で、歩けるようになっていますが、
この下も、川で、魚の稚魚たちがたくさん泳いでいるのが見えました。
宮川で

この遊歩道の下は、魚の産卵場所&すみかになっているようで、
小さい魚たちがたくさん泳いでるのが見えました~
ここでなら、小さい魚たちも、デカイ鯉やフナたちに食べられることがなく、
安全に暮らせそうです。 よかったよかった♪
宮川に降りて

街の中を流れる宮川は、今も、昔ながらの表情を保って流れている、とてもいい景色の川です。

ほんの少しだけですが、町からはずれると、宮川も、このように開けた景色になります。
宮川

お昼近くになると、ようやく青空が広がり、暖かくなりました~

宮川は、こんなに、こじんまりとしたかわいい川なのに、一級河川。
金沢の犀川は、宮川よりはるかにでっかいのに、二級河川なので、
このサイズの川で、一級河川指定なん??~と、ちょっとびっくりです。

橋の上からも、川底と魚がみえました。 
橋の上より

川の水がきれいで、自然の景色と町が、美しく溶け合っている高山は、ほんとにいい町です~

飼い主は、景色を堪能し、リプリーは、川沿いで、走ったり、遊んだりと、楽しそうでした~
おもちゃと

がしかし、このおもちゃ・・・。 遊んでいるうちに、すっかり忘れてしまい、
宮川沿いの芝生に、置き去りにしてきてしまいました・・・ 
あーあ、気に入っていたのに・・・ごめんよ、おもちゃ。 

宮川を散歩するワンコに拾われて、そのワンコのペットにでもなっていて欲しいと思います。


車で15分ほど走って、ちょっと高台にある、飛騨高山美術館へ行ってきました~

雲ひとつない晴天に恵まれて、美術館の駐車場からは、雪をかぶった山々が、
美しく連なっているのが見えて、ラッキー  
飛騨高山美術館より

写真だと、山がぼんやり見えてしまっていますが、実際は、雪をかぶった乗鞍岳とか、槍ヶ岳などが
くっきりときれいに並んで見えてました。 ここは、スペシャルスポットです。

この美術館にある、『マッキントッシュ・ティールーム』 のテラス席は、ワンコ連れOK!なので
それが、一番の狙いで、行ったのでした~
飛騨高山美術館の中庭より

この山の景色を見ながら、中庭のテラスで、リプリーも一緒にランチ~
さすがにこの時期、日陰に入ると、ちと寒い・・・。
ランチのごはんが、すごい勢いで、冷ごはんになっていきましたが、
ワンコと一緒に、この景色を見ながら食べられるランチは、絶対的に“三ツ星”です~

しばし、この中庭で、走り回り
美術館中庭で

見晴らしもいいし、空いている! 
飛騨高山美術館 中庭~    ここは、かなり上質な犬連れスポットです~
美術館中庭で②

リプリーがいなければ、マッキントッシュデザインのティールームで、インテリアを楽しみながら、
ランチが出来たわけですが、 
今回は、美術館や、インテリアよりも、この中庭から見る景色が、最高に美しかった
飛騨高山美術館

かわいいヨーキー君との出会いもありました。くんくん・・・こんにちわ。
出会い

午後3時。 早めの帰宅としましょう~
飛騨高山美術館の中庭で③

高山の滞在時間は、6時間ほど。  もう少しいたいな~と思いつつも、帰途へ。

雲ひとつない快晴に恵まれ、美しい景色とおいしいもの満載~とても楽しい日曜日となりました。
ぜひまた、行きたい~ と思う、飛騨・高山の町でした。

秋らしい犀川で


11月23日(金)  勤労感謝の日~

待ちに待った晴れの休日となりました。 
青空

空が青いと、キモチが晴れ晴れし、フットワークも軽い軽い~♪
朝から、日が暮れるまで、リプリーと出かけておりました。

犀川への散歩が、この日のお出かけの最後となりまして、
さすがに、11月の下旬、4時近くなると、もう夕方のムードです。
犀川

夕方になってしまって、待望のすすきの群生も、ちと寒そうなムードが漂っているのが、残念。

何はともあれ、毎年のひそかな楽しみである、“ほわほわのすすき” を、
見に来ることができました。 
すすきの前で

この時期、犀川に、来る時間としては、3時過ぎというのは、ちょっと遅かったけど、
リプリーは、久しぶりに、楽しげに芝生を走り回っていたし、
走る

飼い主も、行きたかったところには、全部行けたし、よかったよかった~♪

ふらふらと、犀川を散歩していると、晩秋らしい、桜の木の風景がありました~
この桜の葉っぱのスカスカ感が、かなり好きな晩秋の風情です。
桜

落葉さかん・・・  てんこもりの落ち葉です。
そのうち、桜の木も丸坊主になって、そのときには、冬になっているのでしょう。
見つめ中


犀川も水も、見てるだけで、冷たさが伝わってきました。 
犀川

夕方のひんやりした空気の中を歩いていると、しみじみ・・・静かに季節を感じます。 

一日中、出かけていたので、リプリーも疲れたのか、歩きたくなさそうに座り込んでいました。
ちょっと、ウル目で~
見上げる

リプリーは、まだ、歩く体力はあるくせに、歩きたくなくなると、こうして飼い主の目に、訴えてきます。
飼い主は、歩けるくせに~と思いつつも、リプリーの要求をあっさり聞き入れて、
ホイホイだっこしてあげていますが・・・。

その証拠に、遠くからワンコの気配を感じると、ウル目終了~
“あれは、ナニヤツ ” とばかりに、ガン見してます。
ん??

さっきまで、ウル目で、疲れたんです・・・と訴える、いたいけな犬モードだったのに、
あっという間の豹変ぶりです。

かと思えば、またまたこんな顔・・・。 
遠くのワンコが近くに来ないとわかると、ガン見終了~心なしか、つまらなそうな顔に見えます。
すすきの前

リプリーは、犬なりに、喜怒哀楽~いろんな気分を感じながら、散歩しているようです。

そろそろ、帰るとしよう~  あっという間に、日が暮れます。
帰ろう~♪

週末は、全国的に、晴れるらしい~
犀川の桜

残り少ない秋を、楽しめそうです~




冬の花


11月20日(火)  めっきり寒くなりました。
昨日は、こんなにスカッとした青空が広がっていたのに、
今日は、またも曇り&雨・・・な一日となりました。
犀川大橋より上流

昨日は、青空と、青い川、川沿いの桜並木が赤く紅葉し、遠くの山まで見えて、
3日ぶりの散歩が、キモチがよかったなぁ・・・。
遊ぶイヌ

こういう天気の日に、仕事が午後からだったというのは、ラッキーでした~
休憩

走って遊んだ後は、しばし、ひなたぼっこ。 リプリーもキモチよさそうです。
晴天の日

この公園には、アジサイの花がたくさん咲いていたようで
大量のアジサイの花が、もともと何色の花だったのかもわからないほど、
見事な枯れ色になって、ドライフラワー化していました~

それに比べ、大きな松の木の根元にあるアジサイの花々は、
こんなにきれいに色を残し、美しくドライ化していて、もう、びっくり~ 
冬のアジサイ

ナマでもなく、ドライでもないような、この美しいアジサイの風情に、見惚れました~
(この写真を撮るために、木の枝や、下草を掻き分けて、なんとか花の前まで到達しております。)
冬のドライ化したアジサイは、よく見ますが、
こんなに美しく、ドライ化しているアジサイは、めずらしい~ いいもん見つけました。


この青空~最高に気持ちがいい日で、散歩が気持ちよかった。
がしかし、最近は、晴れの天気が長続きせず、晴れは単発! 一日のみ・・・。
犀川~新橋方向 


二日雨が降って、一日は、晴れるって言うパターンになっているのが、目下のところの不満です。
ぶるぶる中

リプリーも、晴れの日には、思う存分、ブルついておくといいと思うよ~
犀川の桜

紅葉が進み、景色が美しい、とてもいい季節だというのに、雨が多いなんて、もったいないなぁ・・・。

帰り道、とてもかわいい “ミニバラ” を見ました~
急に寒くなったせいか、すっかり葉を落としているにもかかわらず、花は、鮮やかに咲いています。
冬のバラ

丸坊主であることに加え、赤とピンクの二色咲きであるというのも、
かわいさのポイントが高い!と思いました~
花は、美しくたくましい~アジサイ然り、丸坊主のミニバラ然りです。
桜と青空

今後は、単発の晴天ではなく、連日の晴天を期待します。

エコな暖房


11月18日(日)  お休みだというのに、また雨・・・。  
先週末から、お休みの日曜も木曜も、ことごとく天気が悪く、休日の散歩時間は、3連続で、0分~
飼い主は、くさりきっています。

この散歩不足という状況に、リプリーは?といえば
リプリーという犬は、飼い主のひざの上で、寝て暮らすというのが、
散歩するよりも、何よりも好きなんではないかい~  と思えるほど
寝て暮らす

散歩に行けないことに、不満を持つそぶりもなく、ただただ、飼い主のひざの上で、
ぬくぬくと寝ていようとする・・・。
それはそれは、すばらしいほどの “ぐうたら” ぶりを、発揮しています。

そういうリプリーを、『しょうがないなぁ~』と、ひざに乗せて続けてしまう飼い主は、
リプリー同様、ぐうたらな休日を送ってしまうことになります・・・。


11月16日(金)の散歩で。

先週末から、天気が悪くなると共に、グンと冷え込んできました~
ツタの前

塀にからまるツタも、葉の色を変え、ずいぶんと葉を落として、すっかり、晩秋の風情です。
ツタ

それにしても、春日神社は、まだ緑が多いなぁ。
春日神社の樹々

春日神社の木々も、全体的には、少しずつ、色づいてきましたが
もみじの紅葉までは、まだ少し~という感じです。
とはいえ、この冷え込みよう・・・紅葉は、日に日に進んでいくでしょう~
春日神社

春日神社の紅葉は、とても美しいので、あと2週間ほど後が、とても楽しみです。

近くのもうひとつの神社 『中村神社』の境内の樹々は、 かなり色づいていました~
中村神社境内の木々

黄色の葉っぱで、こんもりと覆われた木が、かわいい~

リプリーは、落ち葉で遊ぶと、ちょくちょく、口元の毛に、葉っぱがひっかかっています~
枯葉とリプリー

これも~  これも~
アップな顔


雨が降って、寒かった日曜日。
一日中、ぐうたらな犬のひざまくらをして、過ごしてしまいました。

それにしても、犬というのは、暖かい・・・  リプリーは、超エコな暖房といえます。


友だちルーク


11月15日(木)   
せっかくのお休みだというのに、雨がちな、大変地味な一日となりました。
散歩に出てはみたものの、出て早々に、雨に降られたので、5分ほどで終了~
散歩ナシの休日は、かなり刺激に欠けます。

2日前、黄色いイチョウの葉の上で遊んで帰ってきたところ
なかよしのトモダチ “ルーク” に会いました~

久しぶりや~ん
じゃれる

わっほー
じゃれあう

とばかりに、双方ともに立ち上がって、なかよくじゃれついたり、 濃厚に
キョウレツ

親交を深めたりしていました~

ルークとリプリーは、なかよしの犬トモダチです~
トモダチ

リプリーは、ルークに、なにやらコソコソ・・・
こそこそ話

内緒話をしているような顔をして、リプリーは、ルークの耳のにおいをかいでいるにちがいありません。
リプリーは、耳のにおいをかぐのが、大好きな犬です~

犬は、なかよしの犬トモダチに会うと、犬あいさつの後は、“つるむ”という行動に出るようです。
太古の昔、犬たちは群れで生活していたということが、
今も犬族の血の中に、インプットされているせいでしょうか・・・

並んで、前方を見据え
前方

そろって、左方向を見つめ
横を見る

左右対称な立ち位置になっても、このとおり、2匹の犬たちは、そろって前方を見ています~
対象

並んで、同じものを見てるだけですが、なんだかとても楽しそう~
並ぶ後ろ姿

それにしても、特に変わったことがない、ごくフツーな景色を、なかよく並んで、
いったい、何を見ているというのだろう~  いつも不思議に思います。

いつも、興味の対象は、リプリーばかりで、リプリーの飼い主のことになど、
あまり関心がないようなそぶりのルークでしたが、この日は、ルークと遊ぶことが出来ました~♪

おいで~ルーク~
ルーク!

ルークが、楽しげに走ってきました。 
わおわお! ルーク、かわいい~

リプリーとルークは、仲のいい、犬トモダチです。 


黄色の上で


11月13日(木)  ようやく、昨日、おとといからの雨が上がり、
穏やかな秋の日が戻ってきました~  

雲が多いながら、空は明るく、雨の心配もなさそうだし、
ラッキーにも、仕事は午後からなので、心置きなく散歩するとしよう~
GO ~!

乾いた地面が、うれしいね~♪ 
リプリーも、同感のようで、スタスタと、張り切って歩いていました~
スタスタ

春日神社の紅葉の進行具合を見に、春日神社へ~

昨日おとといは、雨だけではなく、風も強かったので、
砂利の上には、枯葉の茶色、紅葉した桜の葉の赤や、イチョウの葉の黄色に加え、
まだ紅葉していない、緑のイチョウの葉なんかも、たくさん落ちていて、
春日神社で

いろんな色に埋め尽くされたような境内が、大きなマーブル模様のように見えました~

近くにある、もうひとつの神社 『中村神社』 の木々も、相当、葉を落としているのでは~
これは、見に行ってみんなん。  GO~
歩く

行ってみると、中村神社の隣にある、公園の一角が、ものすごく美しいことになっていました。

黄色黄色黄色に、埋め尽くされています。
黄色のじゅうたん

ここのイチョウは、日当たりがよいせいなのか、気が早く、テキパキとしたタチなのか~

他のイチョウの樹をぶっちぎって、ダントツの勢いで、黄色化していました。
じっと見る

そして、ここのイチョウは、いち早く、黄色く色づいただけではなく、
昨日おとといの強い風で、いち早く、大量の葉っぱを落として、
この美しい黄色の景色を作り上げたようです。  しかも、たった2本の樹で~

他の場所のイチョウの樹は、まだ緑っぽいのもあるというのにね・・・
“人もいろいろ”なら、“樹もいろいろ”ってことなんでしょう。
ペロン

リプリーの顔も、黄色にかこまれて、明るく華やいで見えます~
さすがに、黄色は、“注意の色 ” 
黄色の持つ、インパクトというのは、すごいもんだと、つくづく感心しました。

昨日、おととい、風が強かったおかげで、今日は、黄色の上を、走リ回って遊べました。 
lucky~
来ました

雨で、くさっていた、昨日・おとといの分まで、思う存分、葉っぱに食いついたり~
口で

走ったりしてくれたまえ~
遊ぶイヌ

雨で、散歩に行けず、つまらん・・・と思っていた2日間でしたが、
考えてみれば、その雨や、葉を落とすほどの強い風が吹いたおかげで、
これほどまでの“黄色な一角”が出来上がった~ ということなんだな・・・。
アップ

やはり、何においても、メリハリってのが、大事であるということか・・・ふむふむ。

黄色の地面
自然の中においても、季節の中のメリハリが、より美しい景色を作り上げるのだ~
と言うようなことを、ふと思った散歩でありました~
(今日の散歩*2時間ほど)




冬の予感・・・。


11月12日(月)  昨日に引き続き、灰色の空。

立冬を過ぎて、暦の上では、冬なのだ~と思いつつ、
穏やかな陽気続きに、冬を感じることなどはなく、ようやく秋らしさを感じるのんきな日々でしたが、
昨日からは、曇りをベースに、雨が降ったり、陽が射したり、カミナリが鳴ったり、ミゾレが混じるなど、
短時間で、コロコロ変わるという冬っぽい天気が、続いています。

今朝は、雨の晴れ間に、ちょっと散歩へ連れ出してみました~

“天気が悪いから” という理由で、昨日の散歩時間は、0分。 
散歩へ

土曜の夜以来の散歩で、リプリーは、歩く気満々な様子です。

そのリプリーのキモチに水を差すように、散歩に出たとたん、小雨が落ちてきました~。 
雨

雨が当たり、リプリーは、ちょっと迷惑そうです・・・
そうこうしているうちに小雨が、少し強くなり、近所の家の軒先で、一時避難。
一時避難

雨は、すぐに上がるものの、この空のどんより感と、天気の変わりよう
ああ~冬っぽい・・・
こういう、コロコロ変わる天気は、金沢の冬のプロローグであります。

また雨が落ちてくる前に、とっとと帰ろう~
雨の日

散歩で、誰かに、ちやほやかまってもらえることもないまま、もう家に入らんなんとは・・・つまらん。
リプリーは、まだ外のにおいをかいだり、ふらついたりしていたかったったようです。
正面から

もの足りなそさうな顔をしていました。
また、雨が降ってくるとイヤなので、今日の散歩はもうおしまい~家に入ります
と、リプリーに引導をわたし、散歩終了。
南天

どんよりした雲に覆われた中、南天の赤い実が、なんともかわいく、明るく見えました~
(今日の散歩*15分)

秋めく立冬


11月8日(木)  立冬

立冬といわれても、この暖かい陽気では、いまひとつピン!ときませんが、
朝晩は、確実に、冷え込んできています。
中央公園

中央公園の木も、すこしずつ紅葉がすすみ、地面には、大量の落ち葉が~
この陽気続きのおかげで、乾燥しきった落ち葉の上を歩くと、カサカサといい音がして、
かなり、秋らしい風情になっていました。
落ち葉好き

リプリーは、カサカサの落ち葉に鼻を突っ込んで遊ぶのが、好きな犬です。
秋らしく、落ち葉で、遊んであげよう~
アップ

リプリーは、落ち葉を、放り上げてもらうのを、じっと待っています。

そして、舞い上がった落ち葉に狙いを定め、飛びつく~
とびつく

そして、また、放り上げられて落ちてくる落ち葉を、じっと見つめ
注目

飛びつく~
立ち上がる

リプリーは、根っから、落ち葉が好きな犬です~

寒い冬、陽あたりが悪いところで、じめっと咲いているイメージが強いつわぶきが、
ここでは、のびのびと、明るく元気に咲いていました。

リプリーは、完全に、つわぶきに見下ろされていましたが
つわぶき

リプリーも負けずに、つわぶきを見上げていました~  
花と犬~種を越えた、“コミニュケーション”をとっているかのように見えますが、
たぶん、飼い主のかいかぶりでしょう・・・。

中央公園を出て、いもり堀へ抜ける道へ~
わっほー  落ち葉好きにはたまらない、落ち葉天国になっていました。  
走る

目の前に広がる、落ち葉のじゅうたんに、リプリーのテンションは、上がりまくり、
やみくもに走り回っていました~
来る~♪

カサカサカサカサ・・・・   たまらなく楽しいようです~
来た!

リプリーは、この道を選んだ飼い主に、ちょっとは、感謝しんなんよ~
ペロン

中央公園に続き、落ち葉のじゅうたんの上でも、ガンガン走り回って、いささか疲れ気味でしたが、
目の前に広がる、いもり堀のきれいな芝生を、目にすると、
飼い主&リプリーは、またまた、わっほ~  
芝生で

落ち葉のじゅうたんに続き、目の前に広がるきれいな芝生にも、乗せられてしまい 
疲れ果てたリプリーは、しばらく、つぶれていました・・・。  
寝る・・・。

芝生の上で、こうして、目を閉じて寝転がるのは、相当キモチいいんだろうな~

紅葉初め

立冬が過ぎて、朝晩の気温は、ぐんと下がり、紅葉は、急激に進むでしょう。
飼い主は、紅葉を見て楽しみ~、 リプリーは、落ち葉を踏んで楽しむ~
散歩には、完璧いい季節です。

犬を連れて散歩していると、知らない人と言葉を交わす機会が、不思議と多くなります。
軽く言葉を交わすだけの軽い会話から、時には、話題が広がり、長く話し込んでしまった~
なんてこともあり、我ながら驚きます。

今日出会った人は、カッコイイ熟年女性!
犬のリプリーに、ちゃんと頭を下げて、“こんにちわ♪” と、ごあいさつしてくれた
礼儀正しくかわいいお孫さん(2歳くらいの男の子)と、お散歩していました~

その方とは、ウマがあったのか、話しにどんどん花が咲き~楽しいおしゃべりが続きまして 
気づけば、かなり話し込んでいました~

彼女は、サルサのダンサーであり、サルサのスタジオを持つ指導者であり、
公私共に、サルサな人生を送っているカッコイイ &魅力的な女性でした。
帰ろう~♪

思えば、リプリーが、きっかけとなって、今まで、いろんな人と話してきたなぁ・・・。
いい出会いが、たくさんありました♪

スカッと晴れた立冬の日、リプリーとの散歩を楽しみ、紅葉を楽しみ、
人との出会いが、とても楽しかった、いい一日となりました~



黄色の景色を見に


11月3日  文化の日  散歩日和でした~

いつもの犀川を、下流の方に、ずっと歩いていくと、
上流の方から、つながっていた緑地は、一時途切れ、
歩く

土手が広がり自然味あふれる、川の風景になります。 
セイタカアワダチソウの道

川を見ても、ここは、ブッシュか と思われるほどの、草木の生い茂りように驚きました。

草ボーボーの道で

このあたり一帯は、雑草天国です。
雑草といっても、満開のセイタカアワダチソウが、勢力を伸ばし、
あたり一面に、黄色い花を咲かせていました~
セイタカアワダチソウ

子供の頃は、この花を、通称で、「ブタクサ」と教えられていたので、なんともイメージが悪く
今も、あまり好きではない花ですが、これだけ一面に、この花の黄色が広がると、
かなりの迫力があって、とてもきれいでした~

飼い主は、昔なつかしい、草でボーボーな風景を楽しみ、セイタカアワダチソウの花見もして
これは、けっこう楽しい散歩コースだぞ~と思って、歩いていましたが、
犀川~下流へ

リプリーは、行けども行けども、草、草、草・・・ というのが、つまらなかったのか、
いったい、いつまで、こんな道を歩かされるのか とでも思っていたのか
この散歩コースでのリプリーの表情は、イマイチでしたが、
飼い主は、いつもとは違う自然味あふれる犀川の景色を、大いに楽しみました~

リプリーは、いつもの芝生の緑地の方が、断然!好きなようです。
リプリーの顔が、そう物語っていました。
うれしそう

フリスビーで、遊んだり~
確保

ただただ、一緒に走ったり~
楽しそう!

遠くから来る人や、鴨の動きに見入ったり、
・・?

リプリーは、草でボーボーの道を、ひたすら歩くよりも、
見晴らしのいい芝生で、のびのびと遊ぶ方が、楽しかったようです~
遊び中

リプリーには、飼い主のチョイスしたルートを、ブーたれることなく
いつも楽しく、ニコニコと歩いてもらいたいもんです~
おすわり

11月に入って、気温が下がってはきましたが、陽ざしは、いまだにキツイと感じられるハイパワーです。
今年の紅葉も、やはり遅いようで、金沢市内の紅葉の見ごろは、11月下旬から12月上旬・・・

12月上旬は、冬ではなく、秋・・・季節の変わり目が、少しずつずれてきているようです。
(この日の散歩*2時間40分)

手芸クラブ的活動


11月2日(金)  前日の雨は、すっきり上がって、朝からいい天気になりました。

この日は、ワンコのお店の “STARDOGS” で、『パンダの生地で、ワンコ人形を作る会』
という楽しげな会をを開催してもらったので、リプリーを連れて、電車でGO~

STARDOGSへ行くには、13分ほど、電車に乗るので、
その間リプリーは、袋状のショルダーの中で、おとなしくしててもらいます。
袋状・カバンの中

リプリーは、いつも静かに、ちんまりと袋の中に納まっているので、
電車に乗るのも、全く問題ナシです~

去年の9月に、尿石症を発症していることがわかり、デカイ尿石を溶かすのに、約5ヶ月。
尿石が解けてからは、尿石が出来ないよう予防する処方食を食べ始めて、もう10ヶ月・・・。
リプリーは、確実に、体型が変わりました。

リプリーのウェアが、去年に比べて、ブカついています・・・
散歩へ

以前は、身体を触ると、ぽちゃっとした感触でしたが、
今は、ポチャ感が薄まって、ちょっと骨っぽくなり、尿石症発覚以前に比べて、
確実に、細くなっています。
川辺で

とはいっても、体重が、そう減っているわけでもないので、ポチャな脂肪が減った分
骨量や筋肉が、増えているのだと信じよう~
とはいえ、去年着てた同じウェアが、去年より、ブカついているのをみると、
リプリーの処方食のみの食生活を思い、ちょっと切ないキモチになる飼い主です・・・
椿。

電車を降りて、お店までの徒歩15分ほどの道で。 
ピンクの椿が、可憐に咲いていました~  秋も深まる11月~椿が咲く季節となりました。

『パンダの生地で、ワンコ人形(?)を作る会』 で、こんなんが、出来ました
パンダ人形

いくらパンダ好きでも、全部をパンダ生地にするのは、「 ひねりがなさすぎて、つまらん。」 
ということで、耳や手足に使う生地を、あーでもないこーでもないと、
悩みながら選んで作ったのが、これまた楽しかった   
完成記念にと、リプリーとの2ショット写真を撮っておきました~
2ショット

『小学生時代から、手芸好き~そして、今に至る♪』 ものとしては、
今回のような、アバウトな作り方に、多少戸惑いましたが、
そういうアバウトさが、ひとつの味になるのだ~ ということを、今回経験し、
手芸クラブ的な楽しさを満喫してきました♪

人形を作り終え、“STARDOGS” オリジナルの 『あちゃ顔のウェア 』
かわいいな~と思いつつ、今後入荷する予定のウェアも気になり
今回は、試着のみ・・・。
試着

でもやっぱ、かわいいな~このウェアの あちゃ!な顔

ワンコグッズのお店で、手芸クラブ的活動をして、とても楽しい時間過ごしてきました♪
ちょっとやみつき♪ になりそうです~

リプリー犬と飼い主は、11月1日~4日まで、ラッキーな4連休を満喫しております。
(この日の散歩*1時間)



11月1日=犬の日


11月1日(木)  今日は、一並びなので、『ワンワンワン=犬の日』 と言うことらしいです。

しかしながら、この“犬の日”は、浸透しているのだろうか?? 
“孫の日”や“ボスの日”同様、商売っ気プンプンで、今後も、浸透しない気がしてなりません。

とはいえ、楽しげな響きの“犬の日”が、飼い主の休日にあたったというのに、
朝から雨~
どんよりとした空のおかげで、散歩にも行けずで、たいへん地味な犬の日となりました。
うつぶせ犬

こういう日は、寝てるしかないでしょう・・・。リプリーも、同感のようです。
くるまる

ちょっと肌寒くなってきたので、ベッドで丸まったリプリーに、
飼い主お気に入りのマットをかけてあげました。  今日は、こうして寝とってたい。

10月30日(火)のこと~
春日神社の木々は、まだまだ紅葉には遠く、緑の葉っぱに覆われていましたが、
地面を見ると、枯葉が多くなり、秋らしい風情です。
枯葉と

今まで、陽ざしがキツイとか何とかと、ぶつくさ言っていましたが、
日に日に、秋らしさは深まっているようで、もう“さざんか”が、咲きはじめていました。
さざんか

さざんかの花は、秋というより、冬っぽいイメージがあります。

冬っぽい“さざんか”の花が咲いている一方で、コンクリートとアスファルトの隙間から
ド根性なタンポポが、孤独かつ気楽に咲いていました~
たんぽぽ

このアスファルトとコンクリートの境目は、リプリーが、大好きなニオイを発している所で、
いつもリプリーは、この境目のニオイを嗅ぎ嗅ぎ歩き、この境目に、オシッコをしております~

このタンポポは、きっといろんな犬に、オシッコを引っ掛けられたり
踏まれたりしているのでしょう。 カワイイ顔して、たくましいやつです~

犀川に到着~
どアップ

午前中のんびりと、犬の散歩なんかをしている人は、誰もいなく、
人っ子一人いない、静かな犀川です。 
伏せる

犀川沿いの木は、一部分が、黄色に変わっていました。
この木の黄葉は、これから徐々に、全体へと広がっていくのでしょう。
色づき始め

肌寒くなったとはいえ、まだ暖房が要らないこの時期が、一番いい季節
これからの木々の紅葉を見ながらの散歩も、とても楽しみです~
やわらかモード


今日から11月~  
この前まで、暑い暑いと、文句を言っていたのに、今年も、あと2ヶ月を切ってしまいました。
すでに仕事では、来年度の話をしている・・・月日は、矢のように過ぎていきます。
(10/30の散歩*1時間40分  11/1の散歩0分)

| リプリー犬♪ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。